かな墨場必携・俳句を書く [7282]

かな墨場必携・俳句を書く [7282]

販売価格: 4,070円(税込)

数量:
◆集字の一覧表により文字探しの手間を省ける画期的な墨場必携シリーズのかな編。春・夏・秋・冬・新年の俳句を100首収録した。4人の書家による懐紙・色紙・扇面・短冊・半切などを使った100通りの作例手本は、創作のヒントが満載。

<かな墨場必携・俳句を書く>

【目次】
春の句(さまざまのことおもひ出す桜かな(松尾芭蕉)
春もややけしきととのふ月と梅(松尾芭蕉) ほか)
夏の句(あらたふと青葉若葉の日の光(松尾芭蕉)
閑さや岩にしみ入蝉の声(松尾芭蕉) ほか)
秋の句(串柿や枝を離れてまた並ぶ(高瀬梅盛)
あかあかと日は難面も秋の風(松尾芭蕉) ほか)
冬の句(初しぐれ猿も小簑をほしげ也(松尾芭蕉)
百歳の気色を庭の落葉哉(松尾芭蕉) ほか)


≪編者≫
日本習字普及協会

《出版社》 日本習字普及協会

商品詳細

著者/編者 日本習字普及協会
サイズ B5判
ページ数 236頁