中国書諭大系第18巻 清8 [6163]

中国書諭大系第18巻 清8 [6163]

販売価格: 9,077円(税込)

数量:
■“書論”の概念はきわめて広い。単に書の意義を論ずるだけでなく、文字、書体、書法、書品、さらに書人の伝記や、閲玩・鑑識・収蔵のことまで含むが、核心は“書の本質”を論ずることにある。本体系は中国歴代の書論を集大成し、気鋭の研究者が最も得意とする時代を分担して翻訳と解釈をほどこすもので、中国の書論の大綱を具備する。書を学ぶとき、とかく実技に専心しがちであるが、書作の奥行きをより深めるためには書の歴史や理論を究めることは必須の条件である。

◆〔中国書諭大系第18巻 清8〕

学書邇言:楊守敬/筒井茂徳ほか訳
弄翰餘瀋:劉咸?/大野修作訳
書人伝

《出版社》 二玄社

商品詳細

サイズ 菊版
ページ数 462頁

一部ですが内容ご確認下さいませ。