写経のすべて [329]

写経のすべて [329]

販売価格: 1,430円(税込)

数量:
≪写経のすべて≫

●目次
はしがき
I 写経のすすめ
  1、「心の時代」が来ています
  2、なぜ写経をするのでしょうか
  3、写経の功徳
II お経(教典)とは
  1、仏教の成り立ち
  2、日本の仏教
  3、お経とは
  4、身近かなお経
  5、「耳なし芳一」のはなし
III 写経をはじめる
  1、用具を揃える─文房四宝
  2、正しい姿勢と筆の持ち方
  3、はじめる前に
  4、はじめての写経
  5、界線を引く
  6、心経を書く
  7、願文を書く
IV 札所めぐり
  坂東三十三カ所札所
  秩父三十四カ所札所
  西国三十三カ所札所
金字経について(宇塚澄風)
 1、金泥の作り方
 2、金字経の書き方
 3、金泥書の磨き方
天平文字と和様体、三跡に至る漢字の推移(野口白汀)
 大字般若心経
 大字延命十句観音経
 大字歎仏偈


●内容説明
写経とは何か、写経の功徳とは─。写経ブームの今、ぜひ知っておきたい写経の全容を優しい文章と、各種図版で分り易く解説しています。
仏教の成立ち、各種のお経の解説から、写経をに必要な用具、筆法の解説、写経手本にいたるまで、この1冊で写経のすべてが分ります。「般若心経」以外にも、「阿弥陀経」「観音経」「延命十句観音経」「歎仏偈」「地蔵和讃」など、身近なお経をルビつきで紹介しています。
実際の写経に役立つ、野口白汀・書「般若心経」「延命十句観音経」「歎仏偈」の大字書写手本を収録し、巻末折り込み付録に、実物大の「般若心経」写経手本をつけました。
心の時代がやって来た今、私達が抱える不安感を取り除き、安心立命の境地へと導く一冊です。

1989年刊「写経手帖」の改訂新版。
≪出版社≫ 木耳社

商品詳細

サイズ B6変型
ページ数 168頁

一部ですが内容ご確認下さいませ。